[INTERVIEW] “カラオケの女王” チャン・ウンスクの素顔に迫る!

THE FACT JAPAN | 2015/09/01 15:26


95年に『無情のかけら』で日本デビューし、日本有線大賞新人賞を受賞。以降、日韓で活躍を続ける歌手チャン・ウンスク。|(C)オフィス・チャンスー


1977年に韓国の番組『スター誕生』でグランプリを取り、翌78年にデビューするといきなり50万枚の大ヒット。韓国で活躍したのち95年に『無情のかけら』で日本デビューし、日本有線大賞新人賞を受賞。以降、日韓で活躍を続ける歌手チャン・ウンスクにインタビューした。


-日本デビューして20年。日本進出した韓国人歌手としては第一世代といわれますが、どのような経緯で日本に来られたのでしょうか?


「韓国でデビューしてから、実は日本からのオファーは何度もいただいていました。でも、韓国の仕事で忙しく、余裕もありませんでした。そうこうして年数がたち、少し余裕がでたころに、トーラスレコードさんから熱烈なプロポーズがあり、やってみようと決意したんです」


-韓国ではそろそろベテランの仲間入りというころに日本に来て、一からのスタートとなったわけですよね。苦労したのでは。


「それはもう、想像以上に(笑)。大変でした。まず言葉がわからない。2月に来日したのですが、最初にやったことが日本語学校に通うこと。週4日通いました。寒いとき、朝毎日…全然わからないときで、1カ月ぐらいで韓国に帰りたい、と思いました。でも、それを伝えることもままならず…(笑)」


-最近は、レコード会社のスタッフに韓国語が堪能な方がいらっしゃいますが、当時はいなかったのですね。


「そうなんです。最近の環境はうらやましいですね。その時は、留学生の知り合いに助けてもらって…今考えると、その人の日本語もかなり怪しかったと思いますが…そんな感じなのでレコード会社の人にいろいろ訴えても、どこまで通じていたか…でも、9月にデビューが決まっていたので、なんとか頑張って乗り切りました(笑)。そのおかげで今があるので、とてもありがたかったと思いますが」


-今の日本語力を考えると、想像もできませんね。


「歌詞の意味を理解して、感情を入れて歌うのはもちろんですが、発音が不十分だときちんと伝わらないでしょう。たちつてと、ざじずぜぞ、大丈夫ですよね?(笑)」


-それでも、その後もご苦労があったとか?


「日本と韓国のプロモーションなどのやり方の違いとか、戸惑いましたね。レコード会社が吸収合併になったり…そんなこんなで、この仕事を最後にやめよう、と思っていたクルーズライブに、テイチクレコードのプロデューサーさんがいらして、ぜひうちに、と誘っていただいて、もう一度頑張ることにしました。それから16年、ずっとご縁が続いてます」


-“カラオケの女王”の異名を取るなど、チャン・ウンスクさんの楽曲はカラオケで人気ですが、その秘訣は何だと思いますか?歌いやすいから?


「実は、わたしの歌は難しい、とよく言われるんです。なので、ファンの方はもちろんですが、カラオケが好きな方、演歌が好きな方が『征服したい歌』『歌がうまいことをアピールできる歌』といった感じで、歌ってくださる、という話を聞いていますが、どうでしょうか」


-今年5月にリリースした『涙のエアターミナル~成田発18時50分~』を歌うポイントは?


「韓国語の『ナリタバル ヨルヨドルシ オシップン』(訳:成田発18時50分)というフレーズのところですね。また、この曲は3連マイナーなのですが、一番大切な要素は歌の間合いです。休符の場所を確認して、歌が流れないようにすることがポイントだと思います」


-チャン・ウンスクさんといえば、日本では演歌歌手の仲間だと思われていますが、ご本人はそのジャンル分けには疑問があるとか?


「J-POPと演歌・歌謡曲が別ジャンルという考えがあるようですが、わたしにはその区別がよくわからないんですよね。少なくとも、わたしは韓国でトロット歌手ではないし、自分の音楽が演歌と決めつけられるのは心外なんです。わたしは演歌も歌うけど、ブルースとかジャズとか、いろいろなタイプの歌を歌うポップス歌手ですよ」


-11月4日には赤坂BLITZで「チャン・ウンスクJazzy night Live 2015」公演が予定されていますね。


「恒例となってきた公演ですが、持ち歌以外にも、明るい曲、ポップスなども歌います。スタジオミュージシャンの生バンドと、チョン・テフさんにボーカル・コーラス参加してもらいます。これまでも一緒にやってきている人たちで、テフさんも、日本でメジャーデビューして活動中の実力派歌手。期待してください。11月4日にお会いしましょう!」


-日韓での音楽活動以外にやってみたいことがありますか?


「若いころは、ドラマとか映画をちょっとやった時期がありましたが、その後は日本に来たこともあって音楽しかやっていませんでした。でも最近、演技の仕事も、いいご縁があったらやってみたいなと思っています」


リフレッシュと体力作りのため、南山へのウォーキングを日課のようにしていると言い、ハスキーなパワフルボイスでいい歌を歌い続けるための努力は惜しまないチャン・ウンスク。演技をやりたい、というのは最近、ドラマ『仮面』を見て俳優チュ・ジフンがお気に入りになったから、というわけではないだろうが、心も外見もはつらつとした彼女だけに、演技も見てみたい気がする。その前に、まずは11月のライブが楽しみだ。


チャン・ウンスクJazzy night Live 2015<概要>
日時:2015年11月4日(水) 開場18:00/開演19:00
会場:赤坂BLITZ
ゲスト:チョン・テフ
料金:前売6000円/当日6500円
チケット:発売中
問合せ先:(有)オフィス・チャンスー 03-6413-8705
ハンプトンジャパン(株) 027-320-7323


THE FACT JAPAN|野﨑友子

Biz Focus
もっと見る
新着記事