新ドラマ「恋するパッケージツアー」主演ヨンファとイ・ヨニ、ロケの後日談を電撃公開!

THE FACT JAPAN | 2017/10/13 17:45


写真:ドラマハウス、JYPピクチャーズ


今日(13日)夜11時、フランス・パッケージ旅行に出発する9人の旅行者にとって“パッケージツアー”はどんな意味なのか。


JTBCの新ドラマ「恋するパッケージツアー~パリから始まる最高の恋~」が8泊10日のツアー出発を控えてフランス旅行のエピソードを公開した。昨年秋、二ヶ月間の現地ロケをしながら親しくなった主役のイ・ヨニ、ジョン・ヨンファ、チェ・ウシク、ハ・シウン、リュ・スンス、パク・ユナ、チョン・ギュス、イ・ジヒョン、ユン・バクが現地での思い出を伝え注目を集める。


まず、9人の出演者は記憶に残る旅行先に“モン・サン・ミッシェル”を挙げた。撮影のために最も長く滞在した場所で、ドラマのすべてのキャラクターが葛藤と変化を経験するのがモン・サン・ミッシェルだったからだ。出演者たちは「お湯を沸かしてラーメンを食べながら話をしたり、卓球ボールとグラスで日が暮れてボール見えなくなるまでに遊んだりして、みんなで一緒に時間を過ごした」とロケのエピソードを公開し、ドラマで見せる出演陣のチームワークに期待が集まる。


「パッケージツアー」の意味を問う質問に「バケットリスト(死ぬまでにやりたいことをリスト化すること)」と答えたイ・ヨニ。撮影の合間にカメラでフランスのあちこちを集めた彼女は「いつかは演技してみたかったガイドのユン・ソソに出会ったのでバケットリストを遂げた感じだ」と説明した。
また、サンマル役に意欲を燃やしているジョン・ヨンファは、「パジャマのようにリラックスできる服を着た気持ち」と、フランスでのロケに満足感を表した。


「恋するパッケージツアー~パリから始まる最高の恋~」はそれぞれが異なる理由でパッケージ旅行に参加した人々が交流していく旅程を描く作品で、特にジョン・ヨンファはフランスに旅行客としてひとりでやってきたサラリーマンのサンマル役を演じる予定で期待が集まる。


THE FACT JAPAN



Biz Focus
もっと見る
新着記事