THE FACT JAPAN

menu search
  • 2019. 4. 24
  • D-91


写真提供:YG ENTERTAINMENT


待望の韓国ファースト・ミニアルバム「SQUARE UP」を引っさげてカムバックするBLACKPINKが、「DDU-DU DDU-DU」と「FOREVER YOUNG」のWタイトル曲を韓国の地上波MBCの音楽番組「ショー!K-POPの中心」にて初披露し、翌日の17日には地上波SBSの「SBS人気歌謡」でも披露。本格的な活動に乗り出す。


6月15日(金)リリースの「SQUARE UP」は、“真っ直ぐに立つ”“けりをつける”という意味で、“堂々と立ち向かう”というBLACKPINKからのメッセージが込められており、デビュー曲からつながる「SQUARE」シリーズとして、ファースト・シングル「SQUARE ONE」とセカンド・シングル「SQUARE TWO」の延長線にあるアルバムとなっている。
Wタイトル曲の「DDU-DU DDU-DU」と「FOREVER YOUNG」のほか「REALLY」「SEE U LATER」の全4曲が収録。「DDU-DU DDU-DU」はイントロからアウトロまで洗練されたメロディーと強烈なビートが際立つヒップホップジャンルの楽曲で、DDU-DU DDU-DUという擬声語とさまざまな楽器演奏が相まった展開が特徴であり、堂々とした女性をシンボルにBLACKPINKのアイデンティティーを表現している。一方「FOREVER YOUNG」は、明るい雰囲気を醸し出すメロディーと、カリスマ性を感じさせられるサビの対比が魅力的なムーンバートンリズムのダンス・チューンで、“後悔せず、青春を燃やそう”というポジティブなメッセージを込めているという。









今回は1年ぶりのカムバックで初のミニアルバムだけに、真心と愛情を込めて作ったというBLACKPINKは、これまでメンバー別のムービングポスターや、全員が写っている2種類のイメージをYGブログ(http://www.yg-life.com)に掲載。新たな変身を予告している。


アルバムの発売を控えメンバーのJENNIE(ジェニー)は、「自信ができたので楽しみにしているし、BLACKPINKの音楽性をいろいろな形で表現することができてうれしいです」と話し、
JISOO(ジス)は「今回は強烈な姿をお見せしたい。BLACKPINKが新しいことに挑戦し、私たちだけのものを作ったことをお見せしたいです」と述べ、LISA(リサ)は「久しぶりのカムバックだけあって完ぺきにやりこなしたいと思い、パフォーマンスから衣装、トレーニングなど、すべてに尽力を注ぎました」と、よりいっそう成長したBLACKPINKを予告した。




THE FACT JAPAN



アクセスランキング
1 今最も旬な俳優 チョン・ヘイン、2度目の 表紙・巻頭特集!『韓流ぴあ』2月号は1月22日(火)発売
2 2/20(水)発売BIGBANGのV.I、全3都市8公演9万8,000人動員の初ソロツアー映像作品ジャケット公開!!
3 【Photo】イ・ジョンソク&イ・ナヨン共演「ロマンスは別冊付録」制作発表会見
4 BTSの弟分「TXT(TOMORROW X TOGETHER)」 5人目のメンバー公開!
5 カン・ミンヒョク「4GIFTS ~ Best of Solo Fan Meeting & On The Cheek (1st solo mini album)」のティザー映像の第二弾公開!
あなたへのおすすめ
EXOのKAI & BLACKPINKのJENNIEが熱愛!
BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」MVが「今年、世界で最も多く再生されたK-POP公式ミュージックビデオ」1位!「今年のトレンドを導いた世界のアーティスト」にも!!
CopyrightⓒTHE FACT Co., Ltd. All rights reserved.