THE FACT JAPAN

menu search


写真提供:YG ENTERTAINMENT


1年ぶりとなるカムバックを控えているBLACKPINKが、ファースト・ミニアルバム「SQUARE UP」のリリーズ前日である14日、Wタイトル曲の一つ「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオの一部をティザーとして公開した。


BLACKPINK - ‘뚜두뚜두 (DDU-DU DDU-DU)’ M/V TEASER
https://youtu.be/vUALE5SitT0



ティザーはBLACKPINKの公式YouTubeチャンネル、YG ENTERTAINMENTの公式ブログ(www.yg-life.com)に掲載。19秒間プレイされる映像はトラップビートとホイッスルが相まっているイントロでスタート。ピンクのカラーがベースになっている空間のなかで4人のメンバー登場し、「DDU-DU DDU-DU」の一部を披露しながら、“Hit you with that DDU-DU DDU-DU DDU-DU”と歌う歌詞と両手を使ってまるで銃を撃つかのような振り付けをみせ、視線を釘付けにする。
サビの部分であるこの振り付けについて、BLACKPINKは「真似しやすくて中毒性が強いので、ステージではもっともポイントになる振り付けです」と説明した。


待望のファースト・ミニアルバム「SQUARE UP」は“真っ直ぐに立つ”“けりをつける”という意味。YGのヒットメーカーTEDDYがプロデュースを担当し、“堂々と立ち向かう”というBLACKPINKからのメッセージが込められている。
デビュー曲からつながる「SQUARE」シリーズとして、ファースト・シングル「SQUARE ONE」、セカンド・シングル「SQUARE TWO」の延長線にあるアルバムとなっている。


Wタイトル曲の「DDU-DU DDU-DU」と「FOREVER YOUNG」のほか「REALLY」「SEE U LATER」の全4曲が収録。
「DDU-DU DDU-DU」はイントロからアウトロまで洗練されたメロディーと強烈なビートが際立つヒップホップジャンルの楽曲で、DDU-DU DDU-DUという擬声語とさまざまな楽器演奏が相まった展開が特徴であり、堂々とした女性をシンボルにBLACKPINKのアイデンティティーを表現している。一方「FOREVER YOUNG」は、明るい雰囲気を醸し出すメロディーと、カリスマ性を感じさせられるサビの対比が魅力的なムーンバートンリズムのダンス・チューンで、“後悔せず、青春を燃やそう”というポジティブなメッセージが込められているという。




BLACKPINKはアルバム発売日の6月15日(金)午後5時より、V LIVEを通じて「SQUARE UP COUNTDOWN LIVE」を開催。約1時間にわたりアルバムの詳細やファンとのコミュニケーションを行う。


THE FACT JAPAN



アクセスランキング
1 MAMAのフィーナーレ「2018 MAMA in HONG KONG」を18:00より日韓同時生中継!
2 NCT 127が今アツい!世界ではすでに人気確立、日本での全国ライブツアー追加公演にも期待の声
3 「2018 MAMA FANS' CHOICE in JAPAN」Twitter、全世界およびグローバル40カ国以上の地域別のリアルタイムのトレンド1位独占!
4 イ・ジェフン主演『輝く星のターミナル』2月日本初放送!
5 「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」イ・ウォングンのオフィシャルインタビューが到着
あなたへのおすすめ
「2018 MAMA FANS' CHOICE in JAPAN」Twitter、全世界およびグローバル40カ国以上の地域別のリアルタイムのトレンド1位独占!
iKON、BLACKPINKのPOPUP STOREが12月17日(月)から25日(火)まで大阪・心斎橋OPAにて開催決定!
CopyrightⓒTHE FACT Co., Ltd. All rights reserved.