THE FACT JAPAN

menu search



「還魂」イ・ジェウク×「D.P.-脱走兵追跡官-」イ・ジュニョン


韓国社会の頂点に立とうと画策する

3人の若者の運命を描いたリベンジ・ミステリー


『予期せぬ相続者』


ディズニープラス スターにて、2月28日(水)独占配信スタート


共演シーンが楽しすぎて、NG連発!?

イ・ジェウク×イ・ジュニョンが魅せる抜群のケミに注目!



「還魂」と「もうすぐ死にます」のイ・ジェウクと、アイドルグループU-KISS出身の演技ドル イ・ジュニョン、「都会の男女の恋愛法」「Sweet Home -俺と世界の絶望-」シーズン2のホン・スジュが共演するディズニープラス「スター」オリジナル韓国ドラマシリーズ『予期せぬ相続者』が、2月28日(水)より独占配信中。(全12話/毎週水2話ずつ配信)


それに先立ち、26日、韓国・ソウルで制作記者会見が行われ、主演の3人とミン・ヨンホン監督が、ドラマの見どころやキャラクターの魅力について語った会見の様子をお届け!

今作は、巨大財閥グループのオーナーの隠し子イナと、“殺人者の息子”のレッテルを張られた青年テオ、貧乏育ちのヒロイン ヘウォン――。社会の頂点に立つべく、危険なプロジェクトを画策した3人の若者の運命を描くリベンジ・ミステリー。








まずは作品の見どころについて、ミン監督は「韓国トップの座に立つという欲望を持ち、同盟を結んだ若い男女が、成功のために何を選択し、どんな風に困難を乗り越えていくのか、その先にはどんな未来が待っているのか。それを推理しながら観ると楽しいドラマです。視聴者の方が、"自分だったらどんな選択をするだろうか"と考えながら観ることができるよう、見せ方にこだわりました。また、“韓国最大の財閥グループのトップにつく"ということがどれだけすごいことなのかを感じていただくため、財閥家の人々の家のセットや小道具にも気を遣いました。華やかな財閥世界にも注目していただきたいです」と語った。


続いて、野心家のテオ役を演じたイ・ジェウクは「台本を読んだとき、とてもおもしろく興味深いと思いました。演じる僕たちも推理しなければいけない部分も多く、次の内容が気になるあまり、監督に続きのストーリーを聞きに行ったりもしました。トップにのしあがるべく3人が経験する熾烈な戦い、環境の変化と成長も見どころです」と台本のおもしろさに言及。


また「テオは感情を表に出さない人物なので、ちょっとした表情や手の動きで感情や状況を見せるよう演じました。監督が細かい動きまでキャッチしてくださったおかげで、上手く表現することができたと思います。これまで演じてきた役柄とは180度違う役なので、新しい僕の姿を見ていただきたいです」と自信を覗かせた。


財閥家の婚外子として生まれ、本家に疎まれて育ったイナを演じるイ・ジュニョンは、「僕は“クムスジョ(裕福な家の子供)“役とは縁がないと思って生きてきましたが、今回台本を受け取ってみたら、クムスジョでとても驚きました。イナは、表向きは天真爛漫でテンションも高く何も考えていなそうに見えるけれども、実は裏の顔があるという設定なので、演じていてとても楽しかったです。特別な役作りをするというよりも、台本の流れにうまく乗ってストーリーに入り込むことを優先し、常に“イナならどうするか”“イナならどう考えるか”を想像しながら演じました」と説明。

近年悪役の印象が強いイ・ジュニョンだが、今回は笑顔も多いそうで「明るく自由奔放な姿、僕の等身大の姿が見られると思います」と付け加えた。


今作で初めてヒロイン役を演じたホン・スジュは、大きな記者会見に参加するのもこれが初めてということで、少々緊張気味に「シリーズものへの出演は、初めてと言っていいくらいだったので、撮影現場でもとても緊張していましたが、監督が配慮してくださったおかげで楽しく撮影できました。役作りについては、大学生時代のへウォンと5年後に社会人となったヘウォンを演じ分けるために声のトーンを変えたり、ヘウォンの心理変化や感情変化をスタイリングの違いで見せたりしました」と答えた。





そのチームワークの良さから、配信前にもかかわらず、ドラマを待ち望むファンから「ロロズ」(原題「ロイヤルローダー」の頭文字をとって)という愛称で呼ばれている3人。ムードメーカーのイ・ジュニョンを中心に、撮影現場も和気あいあいとしていたそうで、特に、イ・ジュニョンとイ・ジェウクは、監督に「これからも長く友達でいられそう」と言わせるほど息ぴったりだったという。


イ・ジュニョンが「僕はこれまで同世代の俳優さんたちと共演した経験があまりないので少し心配もしましたが、心配していたのがウソのように、とても楽しく撮影ができました。あまりに楽しすぎて、ジェウクさんとはお互い目を見るだけで笑ってしまって、NGを連発したことも。僕たちの抜群のケミストリーは、映像で確認していただきたいです」と語り、MCがイ・ジェウクにもケミについて質問を投げると、イ・ジェウクが話している間も、隣でじーっとイ・ジェウクの目を見つめるイ・ジュニョン。その視線に気づいたイ・ジェウクが「プレッシャーだよ」と苦笑いする様子に、会場からも笑い声が起こった。


高校時代の同級生という設定の二人は、劇中、学生服姿も披露。イ・ジュニョンは「撮影で制服を着るたびに“これが最後かな”と思うんです。今回も感謝しながら着させていただきました。努力したことと言えば、高校生に見えるように1日2回ずつ髭を剃ったことかな。でも、思ったよりもすぐに生えてくるんですよ(笑)普段はしない顔パックをしてみたりもしました。色々な挑戦をした作品でしたね」とユーモアを交えてコメント。

イ・ジェウクは「僕は申し訳ない気持ちで制服に腕を通しました(笑)実際の校舎で撮影したので、撮影の合間には学生気分に戻ってジュニョンさんと無邪気にバトミントンをしたりしていました」と振り返った。


ホン・スジュが、「今までお二人の出演作品を楽しく観ていたので、共演することになってとても期待をしていました。現場では、お二人からたくさんのことを学びました」と言うとMCから「では今、その感謝を伝えてみましょうか?」と突然の無茶振りが!「どうすればいいですか?」と戸惑うホン・スジュに対して、背筋をピンと張って、キラキラした目で“感謝の言葉”を待つイ・ジュニョンとイ・ジェウク。そんなプレッシャーのかかる状況で、ホン・スジュがようやく一言。「……ゴマウォ(ありがとう)」と言うと、あまりにもシンプルすぎる言葉に一瞬、会場には気まずい空気が……。しかし、イ・ジェウクがとっさに「(スジュさんは)普段から照れ屋なんですよ」とナイスフォロー! イ・ジェウクの優しさが垣間見られた一幕だった。


最後に、監督が「楽しく撮影した雰囲気をそのまま視聴者の皆さんにお届けするべく、映像の中に閉じ込めました。一つ一つを感じ取りながら、楽しくご覧いただけたら嬉しいです」と語り、約1時間の記者会見の幕を閉じた。


『予期せぬ相続者』は2月28日(水)よりディズニープラス スターにて独占配信中!





ストーリー

地獄のどん底のような環境で育ったテオは、並外れた野心を持っていた。その野心を武器に自分の目標に向かって突き進むテオの前に、それぞれ異なる欲望を持ったイナとヘウォンが現れ、3人は運命的な出会いを果たす。危険な状況に踏み込んでいく彼らを待ち受ける

結末は、果たしてハッピーエンドか、それとも悲劇か。


スタッフ

監督:ミン・ヨンホン 「インサイダー」「ミッシング:彼らがいた」

脚本:チェウォン


キャスト

ハン・テオ:イ・ジェウク 「還魂」 「もうすぐ死にます」

カン・イナ:イ・ジュニョン 「マスクガール」「D.P.-脱走兵追跡官-」

ナ・ヘウォン:ホン・スジュ 「都会の男女の恋愛法」「BE;TWIN」

 


<配信情報/コピーライト>


=========


『予期せぬ相続者』

ディズニープラス スターで2月28日(水)より独占配信開始中


© 2024 Disney and its related entities

(全12話/毎週水曜日2話ずつ配信)


=========

 

●公式サイト:https://www.disneyplus.com/ja-jp

●公式Twitter:@DisneyPlusJP

●公式 Instagram:@disneyplusjp

●公式facebook:@DisneyPlusJP

●公式TikTok:@disneyplusjp


アクセスランキング
1 aespa、初のフルアルバム『Armageddon』がついに発売! オールドスクール感あふれるミュージック・ビデオも公開!
あなたへのおすすめ
ディズニープラス スター独占配信中!『予期せぬ相続者』共演シーンが楽しすぎて、NG連発!?イ・ジェウク×イ・ジュニョンが魅せる抜群のケミに注目!
主演チャウヌが新境地を開く、2024年至極のヒューマン・サスペンス!『ワンダフルワールド』ディズニープラス スターにて3月1日(金)より独占配信で開始日本語版ポスタービジュアル解禁!
CopyrightⓒTHE FACT Co., Ltd. All rights reserved.